無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
欠かせないのがかかり付けの小児科医
JUGEMテーマ:育児

喘息の発作は、体調がちょっと崩れた時とか、低気圧が接近してきた時??とか
昼夜まったなしで起こりました。
薬も何度か取り替えて、新薬を使ったり、かりんが喉にいいと聞けば、かりん
を買ったりとにかく色んな事をしました。
ある月には、月間30回以上の通院・・・・
夜中に発作が起きれば、緊急医へ飛び込み、点滴。
翌日は、かかり付けの小児科へ。
日に二度、三度通院した事もあります。
発作の時には横になるのが辛いらしく、一晩中抱っこをして一夜を過ごした事
もあります。
発作がおさまると、子供はすやすやと、何事も無いかのような寝顔で寝ていま
すが、大人はそうは行きません・・・ほとんど寝ないで会社へ。
そんな夜が幾日か続いた時、初めて子供がいなくなればと思ったことがありました。
ほんの一瞬でしたが・・・でも、その寝顔を見ていると、瞬時にそんな考えは
消えてなくなりました。
後にも先にも、そのときだけでした・・・・

| shinchan | 子育て | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://shinchan.jugem.jp/trackback/89